日付変わってからの久々の再開

夜の仕事中

 

みては行けない

普通に仕事しなきゃ

と心に言い聞かせててましたが

気になって終わるちょっと前にちらっとだけ連絡来てないか携帯を見てしまいました

返事はしませんでしたが一言だけメール来てました

 

ツルツルや

 

ただその一言だったので

きっと道路の事なのでしょうが

もしかすると凍結してるからこっちまで来れないと言う話なのか、考えられるのはいっぱいあるので…気になりながらもとりあえず残りの時間仕事しました

 

どちらまで来られたんですか?

 

通行止めや

 

んじゃ下道?

 

通行止めの高速激走してるわ
前が全く見えんわい

 

気をつけてくださいよ

 

遅くなっちまうから
明日も仕事やろ

 

ご主人様が私のこと気にかけてくださいました

でも顔も見ずに帰ることは一つも考えてません

私は今までご主人様の仕事が終わらず散々待たされた事もあります

こんなのは朝飯前です


スピードだせんしまだかかるわい

 

私は全然余裕なんですが
ご主人様が大変ですよね
どちらでもいいです
それともこっち泊まりますか?

 

どーせ
遅くなるからマンキツでも探して
少し休もうとは考えてたわ

 

んじゃ一緒に寝ましょ

 

思い切って言った言葉はスルーされてしまいました

ちゃんと来るのか少し半信半疑になりながらも

ご主人様をひたすら待ちます

 

いまどこですか?

と送ると

 

〇〇インター降りて

〇〇に向かうわ

と来ました

 

私はどこにいるのかも説明してませんでしたが、バッチリ当ててきました

私が待ってるってわかってたんですね

さすがご主人様です

なんか…これだけで感動してしまいました

 

たぶんいつも行ってた所だろうと予想して

着きそうな時間みはからって私も移動しました

 

また、先に入ってろと言うご主人様

駐車場を一人で歩いていた時でした

ご主人様が到着です

 

車から降り、久々に見るご主人様は少しドキドキしました

部屋に入ると、ご主人様は私用のハイボールを買ってきてくださってました

これまた感動!笑

 

二人で久々の乾杯

話を聞けばご飯食べないでここまで来たみたいです

着くの遅くなるからそんな時間も惜しんで走ってきてくれたんですね

また感動ポイントです!笑

 

向こうでの暮らしは

仕事が早く終われば皆んなでそのまま仕事のようにパチ屋に行くらしいです笑

ご主人様は全然勝てなくて散々お金持っていかれてるみたいです

他にする事ないんですかね笑

 

結局仕事終わってこっち向かって来て

運転は7時間だったと言ってました

それは疲れますよね

食べ物よりビールと言ってご主人様はペース早いです

 

 私も最近飲んでいなかったので夜中のハイボールは効きます

もう眠くてしょうがなくなりました

寝るだけだと思っていましたが

ご主人様は私の服を脱がせ始めます

 

ヘロヘロな私をご主人様はいつものように動けないようにします

今回はやたら私の顔を見たがるご主人様

私もご主人様が見える、珍しい調教です

 

久しぶりに私をいじめてる時のご主人様は

本当に楽しそうで

すごく意地悪な顔をしていました

こんな私で喜んでいただけるとはこの上ない幸せです

 

ご主人様も気が済んだのか

2人でベッドに横になります

いつものように腕枕してくれますが

腕枕してくれてる手が私の耳を触ったり背中をさすったり

なんだろーこの感覚…

すごくご主人様が甘えてるような…

そんな風に感じてしまいました

 

そんな時です

ご主人様が私に顔を向けました

何?と思ったら

私にキスをするではないですか!

しかもなんだか気持ちのこもったキス

そして濃厚…

脳が痺れました

立っていたら、きっと腰砕けました

 

私は思わず

ヤベェ〜

って声に出して本音が漏れてしまいました…

 

どーした?

 

キスされるの去年の4月ぶりですよ

 

それに笑うご主人様

たまらなくなってご主人様の匂いを嗅ぎだし

首筋に食らい付きました笑

 

ご主人様にまたいで

猛攻撃しようとしたら

逆にご主人様が口を差し出します

ほらっ、と言われて

その合図がわかった私は

恐る恐るご主人様の口元に乳首を持っていきます

ご主人様の舌を感じ過ぎてしまい

体が逃げようとするので

手は壁につけたままにしろと誘導されます

 

疲れた私は倒れ込みそうになりましたが

今度はご主人様が指で乳首を攻めます

ご主人様の目を見るように言われます

いきそうになる時

ご主人様は首を横に振ります

まだだと言うのです

何度も何度もいきそうになり

ようやくご主人様が首を縦に振り

私はやっといけるという

ご主人様の合図でいける様になる調教でした

 

何分してたかはわかりませんが

長い時間ご主人様と見つめ合っていました

 

乳首でいくなんて変態だなとご主人様は何度も調教しながら言います

私だって乳首でいけるとは思いませんでした

やってみたいことは全て叶えてくれるご主人様

別にこーしたいあーしたいと話したわけじゃないのですが

乳首だけでいく体になりました

 

あとはひっくり返されて、私の中にご主人様の指が入ってきます

 

身体中敏感で、何度もいってしまいます

ご主人様にこんなにいったんだから、もういかないよな?と言われるので

もういかないもういかない

と私も言いますが…全然ダメで

いくのが止まりません

 

散々気持ちよくして頂いたので

今度は私の攻撃です

いつものように胸から攻めます

 

ご主人様のを舐めていいか確認したら

許可が出ました

久々のご主人様を口で感じて

自分も気持ちよくなってしまいます

 

久々だからなのか

ご主人様も

んっんっ、と声が漏れてます

 

この時の感じてるご主人様がたまらなく愛おしく大好きです

 

かなりお疲れだし、飲んだし、ご主人様は元気でいきそうなのですが最後までいけません

いや、私が下手になったのかもしれません…

申し訳ないですがこの時は諦めました

 

いけない?って聞いたら

うんって言うので

ご主人様の腕枕に飛び込み寝ることにしました

 

寝るって言っても…

もう仮眠程度しか寝れません…

私は今回本当に寝るだけだと思ってましたが

時間を忘れて、会えなかった分お互い求めてしまいました

 

1時間寝たかな?ってところで私は会社に行く準備です

 

服を着て、さて出ようかと思ったら

ご主人様が私を引っ張りベッドへ戻します

ご主人様の上に四つん這いにさせられ

私の手を下に誘導し触れと言います

たぶんいきたいんですよね

 

私もだんだん興奮してきました

着てる服で暑くなって汗が出始めました

ご主人様は私の服を全部脱がします

私はあっという間にひっくり返され

朝からご主人様にご褒美頂きました

 

ご主人様のは入れただけでいってしまいます

朝から何度いったかわかりません

 

憧れだったんですよね

仕事に行く準備したのにベッドに戻されるの笑

余裕持って準備しといて良かった

これこそ早起きは三文の徳です!

 

今度そこ部屋を出る時

ご主人様はしばらく寝てから、自分の用事に向かうとのことでした

 

横になってるご主人様の脇に立ち

次の週末そちらに行こうと考えてますから

忘れないでくださいね、と念を押しました

うんわかった、まと言ってくれたし

その話をする時、ご主人様の手を掴み絡めてみたらちゃんと絡み返してくれました

もーなんて嬉しいんだ!

普通のカップルみたいじゃないか!

もー会社行きたくないじゃないか!

と思いながらも仕事へ…

 

ちゃんと起きて間に合うように気をつけて行ってくださいと言って部屋を出ました

 

結局…間に合わなかったみたいですがね笑

 

今回は、今までにないくらいに

ご主人様の愛を感じました

ただの調教ではなく

愛を感じる調教

 

今思い出すと、私に会いたいと思ってくれていた想いが凄くてよく伝わりました

 

また離れての生活ですが

心が満たされていて安定してます

 

今度は私が会いに行く番です

想いが通じ合う時

この前の2連休…

本当なら仕事終わりにご主人様の所へ行く予定でした

もう準備もしてました

ですが、話した時に

 

ゆっくり来れる時にしたほうがええんでないかいな

 

と言うではありませんか…

私はゆっくり行くつもりなんですけど…

しかもホームステイさせてもらおうと考えてたんですけど…

来てほしくないのかな?

この前来いって言ったくせに…

と思ってたら

 

来週退院やから一旦実家に帰るでー

 

何⁉︎

お母さんの退院の為に帰ってくるらしいのです

 

ですが、私はもう会いたかったので

断られた気持ちになり

 

そーなんですか
一応2連休なんですが
どーしたらいいのですか
もうわからない

 

とやる気を無くして

そう送ってしまいました…

 

そのまま、次の日の仕事終わりまで連絡来ず

やっと話せたかと思えば話す内容は仕事の話…

拗ねた私は寝てしまいました

しばらくしてご主人様から

おーい

って呼ばれましたが

反応したのは1時間後で

ご主人様はもう寝てました

 

あれよあれよと日曜日になってしまいました

私が3時半に仕事終わると話してたのですが

あれから何一つその話に触れてこない

それに上がれると思ったら残業…

こりゃもー行けないわなぁと思ってたら

ご主人様から3時半過ぎにメールです!

 

今日も寒いという、たわいもない話から始まりましたが、これは私が有言実行すると見込んでメールよこしたんですよね⁉︎

ちょっと嬉しくなりましたが

仕事上がれない悔しさと

ご主人様が全然話に触れないことに

イライラしてました…

 

もぅ5時半です

家に帰る途中です

突然話が始まりました

 

連休だろ

なんかなー

つまらんのよな

ご主人様を興奮させてくれや

変態見せい

 

ご主人様の一言一言にちゃんと返してましたが

最後に

 

行かなくていいんですね

 

と突っ込んでみたんです

そしたら

 

きたところで明日からご主人様は仕事やし、来週実家行くんやしその時に時間合えばやな

もー向かっとるんか??

 

やはりご主人様はそー考えてたんだとわかり

少しショックでした

 

仕事なのわかってて話してたんです
連休だから

 

と少し頭に来て、思わず言ってしまいました

 

向かっとるんやな

 

準備してましたが
ご主人様が遠回しに来るなと言ってると思って
駅に着いても、着くの遅いからそこから先の交通手段がないです

 

と、ちゃんと自分が感じ取ってたことを伝えました

すると、ご主人様は来週の予定を立て始めるではないですか

 

ですが、話していくと予定がすれ違いで都合が合わなそうなんです

 

またまたショックだし

もー感情ダダ漏れの私は

 

どーしたらいいのかわからないです

 

と言ってしまう始末

とりあえずシフト送りました

すると

 

興奮する変態動画や
その間に来週飯位なんとかならんかジーって勤務表みとるからよー

 

と言ってくださいました

なんとか考えてくれてるみたいなんです

嬉しかったけど

結局今回会いに行けなかった…

いろいろ調べて考えたのに全部ダメでした

だからやる気もなくなり

ご主人様の指示にも従えなくなり

 

なにすればいいのですか
テンション上がらないです

 

と、酷いこと言ってしまいました

そしたらご主人様から

 

そーやなぁ

 

と返事来たのです

え⁉︎何⁉︎これどっち⁉︎と思いつつ…

 

いろいろ考えたけど
ダメだったし

ご主人様に会いたかった

 

思い切って素直な気持ち言ってみました

何てくるか不安になりながらも

返事を待ちます

 

せやなあ

 

え⁉︎何々⁉︎ご主人様⁉︎

私の聞き間違い見間違い⁉︎

焦る心…これはもっと聞いてみようと思い切って…

 

ご主人様も私に会いたいと思ってくれてるのですか

 

そりゃペットやからなあ

 

嘘でも
そう言ってもらえて
少し心が落ち着きました

 

本当に心が落ち着いたんです

あんなに行けなくてガッカリして涙流れてたのに

急にニヤニヤが隠しきれなくなりました!

 

このやり取りは永久保存版だと思ってスクショです笑

 

照れ隠しにしろ

本当のことにしろ

聞きたかった言葉だったので

すごく満足です

 

初めて

はっきりとわかる両想い

少女漫画のような気分です

 

ご主人様に必要とされてた…

やはり私にはご主人様しかいないんだと

再確認出来ました

 

早くご主人様のご要望にお応えしたい

早くご主人様に尽くしたい

 

それからご主人様からなんのメールなくても

私の心はすごく安定してるし

何するにもやる気が出ます

 

なんてすごいパワーなんですかね

少し世界が変わった様にも思えます

 

今日です

これから夜の仕事入ってます

何時に終わるかは伝えてありますし

ご主人様も仕事終わりにこちらに向かってくる予定です

きっと遅い時間だとは思います

今日は天候が天候なので

ご主人様がどー考えてるか全くわかりません

 

でも

もしご主人様に余裕があったら
少しだけ顔見れたらいいです

 

とこの前言ってあります

 

今回はあまり期待せず

これからまた普通に仕事して

いつもと変わらない一日を…

 

 

ご主人様に会いたい

昨日夜中にいつものごとく

おい

と一言メールが来ました

 

瞬時に反応して

はい

と一言返したら

早いなと言ってくださいました

最近寝てるタイミングで…が続いたので…

 

ずっと我慢してましたが

ご主人様の所へ行きたいと言ってしまいました

 

この前は

来いよ

って言ってくださいましたが

今回は

めちゃくちゃ遠いで〜

と言われました

 

新幹線の所まで面倒だと言ってます…

これはくるなと言っているのでしょうか

 

ここの現場は日曜日しか休みない感じやなあ

とも言われました

 

そーなんですね
わがままは言いません
せめて一目見れれば良いと思ってます

そんな気持ちです

 

今、本当にそんな気持ちで…

一瞬だけでもいいからご主人様にお会いしたい

心がもたなくなってます…

 

この世の中、会いたくても会えない人はいっぱいいるのに

何で私は我慢できないのでしょうか

耐えられない自分が嫌になります

私は無力なのか

ご主人様から毎日送るように言われてるメールも既読にならず…

明日からご主人様の所へ伺おうと思ってたのですがその事について話したいのに返事来ず…

ご主人様の身に何かあったのかと心配してたら

やっと今日の夕方メールが来ました

 

バタバタしてて悪かったと言ってくださいました

何かあったのかと聞いたら

お母さんが手術することになったらしいです

これからなのか終わったのかわからないのですが、大丈夫ですか?と聞くと

癌だと言ってました

 

それでバタバタしててな

 

はい

 

これで会話が終わってしまいました

これは…明日から行く予定だったけど

忙しいから来るなと言うことなのでしょうか

それともただ会話が終わっただけなのでしょうか

 

何か…

こんな時、力になれたらと思いますが

行っても私は何もできないのでしょうか

 

所詮他人なのですかね

 

辛いです

無力です

 

何か微力でも力になりたい

 

あの数回のやり取りで色々察しましたが

来るなとは言われてない

 

ご主人様はハッキリ言わないから

こーいう時いつも困ります

 

判断を間違うと申し訳なくなります

 

なんだ来ないのかとガッカリさせたくもない

でも迷惑かけたくもない

 

家族とかちゃんとした恋人だったら

すぐそばにいて支えになれたかもしれない

 

こーいう時

まざまざと自分の立場を思い知らされます…

私は何も助けることできないのでしょうか

ご主様への好き

続きの下書き書いてあったのに

ずーっとアップしてなかった…

まだ書き終わってないからだけど

また今度書こうかな

 

今日は突然

ご主人様への好きが溢れてしまって

涙が止まらない

 

次会うまでの指令をいつものようにこなして

すぐ、ご主人様からおはようさんと返事来て嬉しかったのです

 

ご主人様に会えないのもしょうがないし

ご主人様に頼れないというか

頼っちゃいけないのもわかってるのですが

なんだかご主人様を求めてしまっている自分がいて

 

自分はペットだ

自分はペットなんだと

呪文のようにぶつぶつ唱えて

自分に言い聞かせて

寂しさ紛らわす為に仕事終わりに

ショッピングモールをずっと歩ったけど

 

ご主人様に会いたい

ご主人様の声が聞きたい

ご主人様とお話がしたい

ご主人様に包まれたい

 

と思ってしまい

どーも胸が締め付けられて苦しくなる

それと共に涙が出てしまう

 

胸をトントンと叩いて抑えようとするけど

自然と涙が出て止まらないんです

 

ご主人様…

今にでも会いたいです

ご主人様の顔が見たいです

飴と鞭と癒し

日曜

昨日送った最後のメールの返事が来ません

 

朝早かった仕事も、もう定時です

少し居残りをして帰ろうとした時です

 

早くってのは午前中やないんか

 

ご主人様がやっと返事下さいました!

 

今終わりました

 

そーか

 

今からお伺いしたら遅いでしょうか

 

と再度聞いてみるも

しばらく何も来ません

これは無理なのかなと悲しくなりながら車を走らせてて、分岐点に来ました

右に曲がったら高速道路に行く道

左に曲がったら家に帰る道

 

その寸前で

1時間待つわ

と言ってくださいました

 

到底1時間でなんて着きません

たぶんご主人様もわかってるはずです

ですが可能な限り飛ばしました

 

1時間を過ぎた頃…

 

1時間やな

 

とご主人様からメールが来ます

 

後少しだけ待って下さい
お願いします

 

と言いったら、ご主人様はその後20分くらい待っててくださいました

 

遅いじゃないか

 

と心配した様子でメール来ましたが、もうご主人様の居る場所の目の前でしたので

着きました

と連絡したら、部屋の番号言われました

 

少し安心しましたが

待たせてしまったこと

この前怒らせてしまった時の変態失格と言われたこと

申し訳ない気持ちでいっぱいです

 

部屋に入るとすぐにご主人様はおもちゃ探して私をどーやっていじめようか悩んでます

 

私はご主人様の顔も見れず

部屋の隅から動けず…

 

どーしたんだ?とご主人様は私に言いますが

私は黙り込んでしまうという…

 

ご主人様はそんなのお構いなしで

私の服を全部脱がせます

これを着ろと前買った、いろんなところにチャックがついているスーツを着させられました

太ったから入らないと言ったけどそんなのシカトです…

お股にはおもちゃを入れられて

再度その上から服を着せられ

ご飯を食べに行くと言うではないですか

 

ご主人様の車に乗って近場の居酒屋さんへ

いつも行ってる美味しい所に連れて行こうとしてくれましたが日曜はお休みでした

 

仕方がないので適当なチェーン店へ

 

店に入るなりご主人様は私の中の格好にワクワクしています

シャツのボタンを外しチャックの間から出てる胸を見せろと言います

ご主人様は楽しそうです笑

 

ご飯を食べながらいろいろ話しました

 

ご主人様の住んでるホテルは

デリヘルを呼ぶ人が多いらしく

今日も部屋に入っていく女性に会ったと言っていました

 

私もデリヘルみたいだね

 

と言ったら、ご主人様は急に

 

俺はデリヘル嫌いだから

そんなこと言うんだったら

帰ったら何もしないで、はい寝まーすだぞ

もう何もしないからな

 

と言われました

一度ご主人様の口から聞いてみたかったことだったんです

ご主人様は私をそんな風に思ってないことがわかりました

とても嬉しかったです

 

店員が来るギリギリまで私の胸に手を伸ばし遊んでみたり、お股のおもちゃで遊んだり

ご主人様に楽しんでいただきました

 

私もお酒を飲んだので

トイレに行きたいのですが

ご主人様の許可が出ず

我慢してお部屋に帰りました

 

上に着ていた服を脱がされ

すぐに目が見えないようにされます

手足の自由もなく

そこから厳しい調教が始まりました

 

普通のホテルなので我慢してましたが

耐えられず声が大きくなってしまいました

ヤバイと思いつつも刺激が強すぎてダメでした

 

さっきから我慢してるトイレにも行かせてもらえず

ご主人様が指で掻き回す度に漏れ出します

 

仰向けにされて胸を舐めてくださいました

久しぶりにご主人様の舌を感じ

とても気持ちよかったです

 

椅子に座ったご主人様の前に立たされて

胸を舐めろと言われ、ご主人様に気持ち良くなっていただきたく必死です

もー出ないよな?

はい、もー出ません

とご主人様は私の中に指を入れましたが

なぜかまだまだ出ます…

 

ベッドに連れて行かれ

押し倒されました

酔ってるからなのか少々手荒いです…

 

かなり飲んだからなぁとご主人様は言いました

たぶんあそこが言うこと聞かないかもしれないと言ってるんだと思います

 

確かにあまり元気がある感じではないです

でもご主人様のは私の中に入ります

すごいと思いました

元気がないからって諦めないんです

 

しばらくするとご主人様のが力強くなり

私は感じてしまい何度もいってしまいました

何回いったんだ?と聞かれますが

そんなの数え切れません

 

手荒いご主人様は私の指を噛み始めました

痛いけど、ご主人様に噛まれてるのかと思うとなぜか快感に変わり、跡さえ残って欲しいと思ってしまいます

 

中いきを覚えた私の体はもう無限です

ご主人様が一度スイッチ入れれば、私の快感はご主人様が止めない限り止まりません

 

ご主人様は私の中に入ると汗が止まらなくなります

いつもはタオルで拭いてしまいますが

今回はかなり私に垂れます

でも一度でいいからご主人様の汗を身体中に垂らして欲しいと思ってました

もう最高です

口の中にも入りました

嬉し過ぎます

こー思うとホント変態ですね私…

 

激しくなるご主人様に耐えられず、私がいってしまうのと合わせて

ご主人様も私の中で感じて、いってくださいます

心も身体も満たされる瞬間です

 

いつもはご褒美で私の中に入れてくださってたのですが、最近はご主人様が入れたがります

ご主人様は何も言わないし、私は目隠しされていて何も見えませんので勘違いかもしれないけど

なぜかそー思うんです

 

シャワーを浴びて戻ると

ご主人様はお腹が空いたからコンビニ行ってくると言います

私は後片付けして待ってました

 

お腹を満たしたご主人様はベットに横になります

ほら寝るぞ

と言うご主人様をふと見ると、ご主人様が少し起き上がり私の腕を引っ張ろうとしてました

とてつもなく嬉しい瞬間でした

一緒に寝ようと誘ってるんです

胸キュンですわ!

 

腕枕も欠かさずしてくれます

私はこの上なく幸せで安心して眠れます

 

夜中に目が覚めたご主人様は

私が気を遣ってベッドの端っこに寝てるのに気付き

わりーわりーこっち来い

と言って、また腕枕してもらい

寝ている間も無意識に私を抱き枕のように抱えてくださいました

 

私は、本当は普通のカップルみたいにイチャイチャしたい時もあるんです

でもご主人様はそーいうのは求めてないので

この無意識時間を使って私は手を繋いでみたり腕を抱えてみたり

自分で満たしてます笑

 

朝はいつものように早起きして2人で部屋を出ました

 

エレベーターをおりるご主人様に

向こうに行く前にまた会える?って小さな声で

聞いてみたんです

 

適当にも思いましたが

うん、と頷いてたような気がして…扉が閉まりました

 

外は雪の世界でした

車に積もった雪を降ろして

やっと出発しようかと思った所でした

突然ご主人様からのメールです

 

次回につづく…

今すぐ来るのか?

変態失格だと言われて

連絡が全くなく

土曜日の夜に

 

ご主人様
怒ってますか

 

とメールしたところ

1時間以上経ってから

 

そりゃな

 

と返事下さいました

そこから少しだけ会話になりました

 

お仕置きしてください

 

今すぐ来るんか?

 

行きたいです

 

来れんならええわ

 

なんでそんなこと言うんですか

 

は?なんや

 

申し訳ありません
私が悪いんです

着くの1時半過ぎますが大丈夫ですか

 

明日は仕事か

 

明日は6時から仕事なので
3時半にはそちらを出ます

 

ならええわ
気にせんて寝ろ

 

明日仕事早く終わるんです
お伺いしてはだめですか

 

ご主人様とはここで話が終わりました

たまにどこの方言かわからない言葉で言われたりします

キツく感じる時もあれば、優しく感じる方言もあります

いつも、ええわとかもーええわって言われると見捨てられたようで泣きたくなります

でもこの時の最後の言葉…

怒ってるご主人様でしたが、なんだか私には優しく感じたんです

錯覚ですかね⁉︎笑